スムーズに処理する

海外おお金

人生においては生活するために仕事に就き、お金を作り出していかなければならない。
人によってその生み出す方法は異なっている。
仕事で財産を作りあげる人もいれば、土地運用で不労所得を得る人もいる。
そんな人々が作り上げた財産は、その本人が亡くなればその後行き先は決まっている。
その財産の以降が相続とよばれるものである。
基本的には血縁関係にある人々に遺産は分配されていくことになるが、遺言状があればそのとおりに行なうことも可能である。
こうした遺言状や法定相続人に関することは法律で決まっており、無用な争いを生まないような仕組が出来上がっている。
しかし、こうした知識について皆が知っているというわけではない。

財産や借り入れがある場合、相続について分からないことがあればすぐに弁護士に相談すると良い。
人がなくなったとき、または失踪したときからこうした相続は始まっているともいえる。
このため、適切な対策方法を知っている必要がある。
適切な判断ができるのは専門家であるため、弁護士が最適なのである。
しかも、相続専門に相談を行っている弁護士もあるので、その場合が30分だけ相談料も無料ということもある。
専門家に相談すればその分お金がかかってくると考える人もいるが、その分効率よく悩む時間も省略できる。
時間は金でもあるので、余計な手間を省くことができればその分安いともいえるのである。
認定死亡や死亡届の三ヶ月以内から手続きは始まる。

オススメリンク

生前対策や相続税のトータルサポートなら相続税を大阪でお任せ出来るこちらの相談所が頼りになります。専門の税理士が在籍しているのでお勧めです。

生前から対策

お墓参り

財産がある場合、それについて身内でもめてしまうことも多いので、そういった争いを避けるために事前に相続については弁護士に相談しておくと安心して過ごすことができる。もちろん、身内以外にも引き継ぐことはできる。

遺言書の有無

葬儀

人が亡くなった場合、相続は法律で決められた人が自動的に受け取ることになるが、遺言書がある場合はその通りに行なうことができる。その作成や手続きについても弁護士に頼むことができる。

豊富なノウハウを持つプロがいます。相続なら弁護士に相談してみましょう。解決への手助けをしてくれますよ。

遺産分割のとき

電話で相談

遺産は相続した人の財産になり、税金もかかってくるので、弁護士に分割の協議は依頼した方が良い。任意で交渉することもあれば、家庭裁判所で調停や審判を行なうこともある。